交通事故慰謝料には2種類あります

交通事故慰謝料は、大きく分けると2種類に分類されます。まず入通院慰謝料は、自賠責基準の場合、入院や通院日数、治療期間をもとに決定します。任意保険基準では日数でなく月数で計算されます。弁護士基準は弁護士を依頼して裁判を起こす事でしか得られない基準です。

次に後遺症害慰謝料ですが、基準は入通院慰謝料と同じで、自賠責基準任意保険基準、弁護士基準となります。後遺障害の場合は医師の診断を受けて後遺障害の等級を認定されることが前提です。等級によって金額が決まります。この場合は申請方法に保険会社がおこなうものと被害者が行うものの2通りあります。

交通事故慰謝料の相場をリサーチする

交通事においての故慰謝料については、さまざまな要素からかかってくることがあげられます。怪我や故障などの費用はもちろんのこと、会社を休んだぶんの費用や精神的な部分においての費用などもかけられることとなります。総額にしてみると考えていたよりも高額になってくる可能性もあることでしょう。

そうした場合においては、正当な交通事故慰謝料を受けるべきですが、そもそも相場を知らないケースもあります。そうであれば、弁護士に依頼をおこなうことで弁護士基準などの高い基準で、交通事故慰謝料を受け取りが可能になるケースもあることでしょう。

休業損害を含めての交通事故慰謝料を受け取る

怪我の症状によっては、交通事故慰謝料に休業損害を含める必要があるケースもあります。おってしまった怪我が重症なようであれば、仕事ができなくなるでしょう。働いていたとしての給与を考え、合わせて支払われることとなります。

交通事故での大怪我の場合には、仕事が気がかりになるようなこともあるかも知れません。とにかく身体を休ませることが大切でしょう。交通事故の慰謝料には、さまざまな可能性が含まれてきますので、事例を踏まえて対応していくことが望まれるでしょう。必要があれば弁護士に対応をしてもらうようにしましょう。

交通事故慰謝料の金額に納得がいかない場合

交通事故慰謝料の額が決定される基準は、大きく分けて3つあります。まずは強制保険である自賠責基準、次に加入している保険会社によって決められる任意保険基準、最後に過去の判例を基に慰謝料を算出する弁護士基準です。

自賠責基準もしくは任意保険での交通事故慰謝料額に納得がいかない場合には、弁護士に相談して増額を試みましょう。加入している保険によっては弁護士特約と呼ばれるサービスにより、依頼料を負担してもらえる場合があります。また、初回相談が無料の法律事務所も多いので、弁護士基準の場合いくらぐらいになるのかを聞いてみるのもよいでしょう。

交通事故の慰謝料の相談は弁護士法人リーガルプラス

市川事務所
〒272-0021 千葉県市川市八幡2-16-1 はぐちビル4 階

津田沼事務所
〒274-0825 千葉県船橋市前原西2-14-2
津田沼駅前安田ビル10 階1002 号室

千葉事務所
〒260-0015 千葉県千葉市中央区富士見1丁目14番11号
常盤ビル7階A

成田事務所
〒286-0033 千葉県成田市花崎町800-6 丸喜ビル5 階

東京事務所
〒103-0027 東京都中央区日本橋3-1-4 画廊ビル7階701号室

かしま事務所
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中字東山321-1

https://legalplus.jp/

交通事故の慰謝料に関する記事

交通事故弁護士による慰謝料相談、過払い請求、債務整理、任意整理などの借金相談、相続手続きの内容を追加していく予定です。

本サイトの内容は弁護士が書いたものではありませんので間違っている点があるかもしれません。大阪、神戸、千葉には優れた弁護士も多く、お困りの方はご連絡ください。

交通事故弁護士による慰謝料相談、過払い請求、債務整理、任意整理などの借金相談、相続手続きの内容を追加していく予定です。

日常生活を取り戻す債務整理

借金相談、過払い請求について

任意整理について

司法書士について

交通事故の慰謝料について

相続手続きや遺産相続