債務整理の中の任意整理に必要な期間

債務整理には4つの手段があります。その中でも、任意整理はリスクやデメリットが最小限で、利用者が多い手段となります。裁判所を介さずに手続きをおこなうため、短期間で和解にいたるケースがほとんどとなります。

早ければ大体3カ月から半年程度で終わるのですが、債権者の中に利息や遅延損害金の免除に応じない業者がいる場合は、手続きが長引いてしまいます。あまりに長引く場合は、その業者だけを除外してほかの債権者と和解を成立させることもあります。特に自分でおこなう手続きがないため、担当者からの連絡を待つ以外にないのですが、不安な場合は進展を確認してみることが大切です。

借金問題で困った時には債務整理の任意整理をしてみよう

いくら借金を返し続けても、利息が高くて中々借金が減らない場合は債務整理を行うことをお勧めします。債務整理というのは、自身が負っている借金問題を弁護士や行政書士などに相談して、払い過ぎた利息を取り戻したり、借金を減額してもらう手段のことです。

過払い金請求、自己破産、任意整理、個人再生などの種類があります。任意整理を行うと利息を払わなくてもよくなるので、大幅に借金の額を減額することができます。借金を減額する際の交渉は弁護士などの専門家に任せることができ、ギャンブルによる借金にでも対応できます。自己破産と違い、家や車を債権者に取り上げられることもありません。

債務整理である任意整理と自己破産の比較

債務整理の一つである任意整理は、債権者と直接交渉して、借金の支払い金額や支払い方法などを決める手続きのことです。自己破産との決定的な違いは、2つあります。まずは、裁判所を利用するか、しないかという点です。裁判所を利用する必要があるのは、自己破産のみとなっています。

このため手続きがかなり簡単になっており、制限が少ないところも特徴です。また、任意整理は手続き完了後も、財産を手放す必要がありません。債権者に対して財産状況などを報告する義務がないため、家や車、預貯金、保険などを失う心配がいらないのです。そのため、多くの方に利用される債務整理となっています。

債務整理で契約する任意整理

債務整理の相談を行って、最終的に決断することとなるのが任意整理かもしれません。契約の場合は、債務整理でも一番簡単な方法を採用していることとなりますので、ある程度負担を小さくしながら進められます。その代わりに返済の契約はしっかりと進めることになります。

相手の会社に対しても、返済はしっかり行うことをしっかり説明し、対応することを約束しているからです。行わなかったら、違反と判断されて一括での支払いを要求されやすくなります。とにかく任意整理は、返済をしっかり行っていないと厳しい方法ですので、返済能力も重要になります。

債務整理、任意整理の相談は弁護士法人みお綜合法律事務所 大阪、京都、神戸

大阪事務所
〒530-8501 大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル オフィスタワー14階
TEL:06-6348-3055

https://www.miolaw.jp/
https://www.kabaraikin.com/
https://www.shakkin.net/
https://www.jikokaiketsu.com/
https://www.bgata-kyufukin.com/

京都事務所
〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1
京阪京都ビル4階
TEL:075-353-9901

神戸支店
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 
井門三宮ビル10階
TEL:078-242-3041

債務整理、任意整理、自己破産の相談はお任せください。

債務整理・多重債務・自己破産に関する記事

交通事故弁護士による慰謝料相談、過払い請求、債務整理、任意整理などの借金相談、相続手続きの内容を追加していく予定です。

本サイトの内容は弁護士が書いたものではありませんので間違っている点があるかもしれません。大阪、神戸、千葉には優れた弁護士も多く、お困りの方はご連絡ください。

交通事故弁護士による慰謝料相談、過払い請求、債務整理、任意整理などの借金相談、相続手続きの内容を追加していく予定です。

日常生活を取り戻す債務整理

借金相談、過払い請求について

任意整理について

司法書士について

交通事故の慰謝料について

相続手続きや遺産相続