交通事故の慰謝料の相場は専門家に相談を

モータリゼーション社会の現代では、ほとんどの人が車の運転をするようになりました。車の運転をする以上は事故は避けては通れない道です。万が一自分が事故に遭遇したらどのように処理すべきでしょうか。

交通事故の場合は必ず警察に通報して事故処理を行いましょう。そして過失の割合がどうなるかを明確にすることです。もし過失が自分に多い場合は、相手に対して誠心誠意対応する様に致しましょう。

そのあと車の保険会社に連絡をして、車の修理代や慰謝料などの相談を致しましょう。修理代などは整備工場などの見積もりで明確になりますが、交通事故慰謝料などの相場は事故処理のプロである保険会社にお願いすることです。

弁護士と交通事故慰謝料の増額の手続き

交通事故の慰謝料や治療費の増額を希望するうえで、信頼のおける交通事故弁護士にサポートを依頼することがとても効果的です。 最近では、交通事故件数が減っているにもかかわらず、交通事故に関するトラブルの発生件数が全国的に増加しており、いざという時に備えて、具体的な対策を立てることが望ましいといえます。

そうした中、交通事故弁護士の取り組みについて知りたいことがある場合には、大手の弁護士事務所の公式ホームページやカタログなどを参考にすることが良いでしょう。 その他、相手方との話し合いをスムーズに進めるために、早期に優秀なプロに仲介をしてもらうことが肝心です。

交通事故慰謝料の増額をお考えなら躊躇せずに交通事故弁護士を探すことが必要です。

交通事故の慰謝料は弁護士基準が一番高い

交通事故の慰謝料には、自賠責・任意保険・弁護士と3つの計算基準があって定額化が図られていますが、どの計算基準を使うかで金額が変わってくるのが難しいところです。 3つの計算基準のうち、一番高く計算されるのは弁護士基準、逆に一番安い金額が算出されるのは自賠責基準です。

金額については相手の保険会社との示談交渉で決定しますが、保険会社からは安い見積もりの自賠責基準の金額を示される可能性があります。 交通事故の被害者になってしまったら、慰謝料で損をしないためには弁護士に相談をして交渉を代行してもらうのが一番です。

弁護士相談で交通事故の慰謝料は大幅増額

交通事故の被害者は、治療費や休業補償とともに精神的な苦痛に対する賠償金として慰謝料を請求できます。 慰謝料は、実費が基本の治療費や収入ベースの休業補償に比べると精神的苦痛という性質上個人差が大きいのが難しいところです。そのため、不公平感をなくして定額化するために慰謝料の計算基準が作られています。

この基準は、自賠責・任意保険・弁護士と3つの基準があります。どの基準を使う科で慰謝料の金額は異なり、自賠責保険基準では安く、弁護士基準では一番高く計算されます。 交通事故の被害者になってしまったら、弁護士の先生に相談することで高い基準の慰謝料交渉をしてもらえ、その結慰謝料の大幅な増額が可能です。

被害者が請求できる交通事故慰謝料(損害賠償)

交通事故の被害者になった場合、損害賠償という形で加害者に慰謝料を請求することができます。 交通事故における損害賠償は、大きく区分すると以下の4つに分けられます。

・積極損害(入院費用、通院費用、怪我の治療費、付添介護料、葬儀費用、義足や車椅子購入費など)
・消極損害(仕事を休んだ分の損害 )
・慰謝料(精神的・肉体的苦痛に対する損害)
・物損(壊されたもの対する損害)

この4つの損害を合計した金額を被害者は加害者に請求することができます。
また、その金額は、
・自賠責基準
・任意保険基準
・弁護士基準(裁判所基準とも呼ばれ、過去の判例をもとに判断する基準)
の3つの基準(一般的には一番低い金額)を目安に決定されます。

交通事故慰謝料(死亡慰謝料)の弁護士基準について

交通事故慰謝料の一つである死亡慰謝料は、交通事故としては最悪のパターンである被害者がなくなってしまった際に適用されるものです。こちらで請求できるのは、被害者の損害金と被害者の家族の損害金と、弁護士基準では定められています。

お子さんが亡くなったのか、世帯主が亡くなったのかにもよって損害金は変わってきますが、弁護士基準で見て行くと世帯主がなくなった場合には2800万円~3000万円程が相場です。配偶者が亡くなった場合も2200万円程が相場と言われており、任意保険よりもかなり高い金額が定められています。

交通事故慰謝料での事例を知りたい際には

交通事故慰謝料での事例はいくつもあります。共通して言えるのは被害が高ければ高いほどに、多くの慰謝料がかかることです。身体が不自由なことは非常に残念なことであります。その様な背景を考えてみても、交通事故で被害を追った際には、確固たる態度で対応していかなければならないのは、いうまでもありません。その様な気持ちで接すれば保険会社や、加害者側も誠実に対応してくれます。

しかしながら交通事故に対しての知識が乏しい際には、専門家を雇うことです。中には費用を機にする方もいるかもしれませんが、事例によっては当初よりも4倍以上の金額を回収していたりします。

交通事故の慰謝料に関する記事

交通事故弁護士による慰謝料相談、過払い請求、債務整理、任意整理などの借金相談、相続手続きの内容を追加していく予定です。

本サイトの内容は弁護士が書いたものではありませんので間違っている点があるかもしれません。大阪、神戸、千葉には優れた弁護士も多く、お困りの方はご連絡ください。

交通事故弁護士による慰謝料相談、過払い請求、債務整理、任意整理などの借金相談、相続手続きの内容を追加していく予定です。

日常生活を取り戻す債務整理

借金相談、過払い請求について

任意整理について

司法書士について

交通事故の慰謝料について

相続手続きや遺産相続