交通事故の慰謝料請求は専門家に相談しましょう

交通事故にあった時、いくつかの支払い基準によって慰謝料の支払額が決まるのですが、自賠責保険基準が一番低く、次に任意保険基準、そして弁護士会基準となります。

保険会社も一企業ですから、保険の支払額を提示するときは、支払額が一番多い弁護士会基準で算定した金額を提示してくることはほとんどないようです。

ですから、被害者が交通事故や保険に関する知識がない場合、信じられないような低額の保証しかしてもらえないことがあるようです。ですので、被害にあった時、十分な補償をしてもらえるように、専門家である弁護士さんなどに相談して、保険会社と戦うことをおすすめします。

交通事故慰謝料の下肢損傷に関して

交通事故は死亡するのと同じくらい辛いのが後遺症を伴う症状が残ってしまった場合です。これは生きているあいだは一生付き合っていかばければいけないので適正な交通事故慰謝料を受け取る事が出来るようにしておく事が大事です。

交通事故は被害程度によって細かく等級分けがされていてそれに沿って金額が決められていきます。下肢の損傷は著しく機能制限がこれから先にあり得るので等級が高くなる傾向があります。 交通事故慰謝料を多くもらうようにするためには適切な等級認定が大事になってくるので、正しく判断してもらうために立証資料をきちんと準備する必要があります。

交通事故の損害賠償の中の慰謝料の基準

交通事故の損害賠償の中には、慰謝料という項目もあります。慰謝料は、肉体的精神的苦痛に対する賠償金で、交通事故の場合、その金額にははっきりとした基準が定められています。基準は3つあります。

自賠責、任意保険、裁判の三種類です。どれを採用するかは、被害者の姿勢次第となります。ほとんどの被害者は、任意保険会社の提案にそのまま同意するという形になりますので、自賠責か任意保険のものが採用されます。しかし、裁判をした場合の相場で支払われるのが妥当な額と言えます。その金額を得るには、弁護士の力が必要となります。

交通事故の特化した弁護士が決める交通事故慰謝料について

弁護士には、非常に幅広い業務範囲が定められているので、ほとんどの弁護士は特定の分野を専門にして業務を行っています。 交通事故は専門性の高い分野なので、交通事故の分野に特化している弁護士でないと、妥当な金額の交通事故慰謝料を割り出すのは困難です。

交通事故に遭って怪我の治療が必要となる場合の費用は加害者が加入している自動車保険会社が、損害賠償金として被害者に支払うのですが、自分の会社の利益を守りたいという気持ちが働くため、示談交渉で加害者が加入している自動車保険会社が提示する損害賠償金は、自賠責保険法に抵触しない範囲のギリギリの安さに抑えられていることがほとんどです。

一方で、被害者は、歩行者として交通事故に遭ったり、全く過失がない場合、自動車保険会社が示談交渉に加わることができないため、弁護士の力を借りないと、その安い損害賠償金を受け入れてしまい、負ったはずの損害を補いきれなくなってしまう可能性があります。

そのため、交通事故の示談交渉に特化した弁護士に交通事故慰謝料を割り出してもらったり、示談交渉自体を代理人になってもらってお任せしてしまったりすれば、妥当な損害賠償金の金額を獲得できる可能性が高まります。

交通事故慰謝料における事例とは

事故によって肉体的だけでなく精神面で苦痛を与えられたことに対する謝罪の気持ちを、お金で分かりやすく換算したものが交通事故慰謝料です。示談金とは意味合いが異なります。しかしながら、交通事故慰謝料を考える際に、交通事故の場合は相場があるのか、他にも基準があるのか、それはどのように計算するのか、自分に起こった際にはいくらとるのかがさっぱりわからない部分です。

いくつかの事例を見ても釈然としないこともあります。しかしながら後から覆されるケースは数多くありますので、最小の示談金で了承する事はやめたほうがいいです。しっかりと状況を掴んでから、判断していくことが大事です。

交通事故慰謝料の相談が必要な際に

交通事故による後遺障害が発生してしまった場合、加害者との間で行われる交通事故慰謝料も慎重に行いたいものです。怪我の治療費や入院に関する費用、さらに仕事を休まなければならない場合などにおける保証など、あらゆる金銭面における内容が交渉条件として話し合われます。

加害者と被害者の間には保険会社の担当者が入り、お互いの条件提示や返答についてのやり取りが繋がれます。個人同士で話し合いを進めることも可能ではあるものの、よりスムーズに交渉を進めるため、さらにトラブルを避けるためには、弁護士などへの相談も欠かせません。

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5

交通事故の慰謝料に関する記事

交通事故弁護士による慰謝料相談、過払い請求、債務整理、任意整理などの借金相談、相続手続きの内容を追加していく予定です。

本サイトの内容は弁護士が書いたものではありませんので間違っている点があるかもしれません。大阪、神戸、千葉には優れた弁護士も多く、お困りの方はご連絡ください。

交通事故弁護士による慰謝料相談、過払い請求、債務整理、任意整理などの借金相談、相続手続きの内容を追加していく予定です。

日常生活を取り戻す債務整理

借金相談、過払い請求について

任意整理について

司法書士について

交通事故の慰謝料について

相続手続きや遺産相続